2016年1月23日土曜日

IKEAに学ぶコンテンツの見せ方

昨日、立川にある極上爆音上映の画館にいってきた。予定していた上映回に間に合わず2時間ほど暇ができたので同じく立川にあるイケアに先に行くことにした。
地図上だと少し距離があるかなと思ったけれど、モノレール沿いに看板が見えていた。駅からでも15分くらいの距離だろうか。


想像していたのはドデカい店舗にリーズナブルな家具がずらっと並んでいるコストコの家具屋版。まあ実はコストコにも入ったことがないのだけれども。テレビか何かで店内のフードもいいよと特集していたと思う。小さめのテーブルと照明で良いのがあればと暇つぶしがてら向かってみた。

店内入ると商業フロアは1Fと2F、主に2Fがメインで1Fは会計や返品カウンター、資材やディスカウント商品が並んでいた。

2Fにあがるといい意味で予想と違った。だだっ広い空間に無味整然と家具が並べられていると思いきや、その真逆といっていいほどの見せ方をしていた。

小さく区切られた空間が多々あり、それぞれおしゃれな部屋を構成するように家具が置かれていた。一部屋一部屋かっこよくて見ていて楽しい。部屋だけじゃなくバスルームやキッチン、ベランダもあって家具が置かれた住まいをサイズ感を含めて体感できるのが素晴らしい。




何を売るにしてもそれを買った時のイメージを持たせるということは大事だ。一流のカーディーラーは必ずお客さんを車に乗せてエンジンをかけさせようとする。言葉で説明を聞くよりも実際に体感する方が心に響くからだ。

そう考えているうちに次の仕掛けが目に入った。なんだこれは。


なんと商品の耐久テストの模様を展示している! これはなかなかやりおる。テキストでどれだけ耐久性の説明などを見せられるよりもこれを見ただけで「なんか丈夫そうだな。誠実にテストしてそうだな」という印象が脳に刻まれるのだ。イケアすごいぞ。


先へ進むと次に気になったのはこの印。進行方向が指示されている。そう、フロアは相当広いはずなのに店内はカテゴライズされていて、動物園や水族館のようにその観覧ルートが設定されているのだ。

当初、テーブルと照明だけみればいいかなと考えていたけれど、思いの外モデルルームのような店内は見ていて楽しく、何も考えずにこの印の通りに歩くだけで全商品をみてしまうような構成になっている。まさにイケアは家具の動物園なのだ。

テーブルと照明だけを見ようとしていた俺は、いうならば動物園に行って猿とキリンだけ見て帰ります的なことを言うおかしな野郎だったことに気づく。


ようやく店内のところどころにあるこのマップの意味がわかった。最初は最寄路線の駅が書かれているのかと本気で思ったけれど、これはイケアの順路マップだったのだ。もちろん、数カ所あるショートカットを使えば目的の場所にもすばやくたどり着ける。よくある平面に書かれたフロアマップとは全然違っておもしろい。結構見て回ったつもりがまだまだ前半でちょっとビックリした。


色やテイストの違いで飽きないし参考になる。



広い空間を生かして展示しているスペースもある。


こちらは家のワンフロアまるまるの間取りでレイアウトされている。



外国人も多く子供も楽しめるような工夫も。キッズコーナーのようなところに雑誌に登場するような黒人の天然パーマの可愛い子供がいて思わず写真を撮りそうになった。


前半のショールームが終わったところがレストラン&カフェになっている。ドリンクだけだと120円と安い。おしゃれな大学の食堂のような感じ。


せっかくなので、スウェーデンミートボール、クロワッサン、ケーキも食べてみた。


全部味は普通で1200円分も食べてしまったけどそれほど後悔はない。広くて綺麗で普通にカフェだけを使いにやってきている人もいると思う。ノートPCを使っていたり勉強したりしている人もいた。


後半のマーケットホールはカゴを持って欲しい商品をとっていくスタイル。こちらはまあ想像していたような感じではあった。最後はエレベータかエスカレータで1Fの出入り口とは逆側に降りて再び出入り口へと向かう。

とにかく思ったより楽しめた。いろいろ見ていたら2時間くらいあっという間で映画に遅刻しそうになった。ただ単に商品を並べられるよりも、こういうリビングいいなとかこういうベランダ欲しいなとかそういうイメージができて購入意欲が湧くし、順路があることでストレスなく色々みてまわれるのもよい。カフェもおしゃれで異国の料理はついつい味見をしてしまいたくなる。

商品の良さを引き出しつつエンターテインメント要素をとりいれて来店することに付加価値をつけている。勉強になった。イケアはいいぞ。

2014年8月13日水曜日

ベルトの穴がひとつ内側へ

先月半ばからジムに通いだして今日で5回目。
ジムと言っても市が運営する施設内のトレーニング室だ。

1回100円で自転車で5分のところにあることを先月知った。
運動不足で体形もおっさんになってきているので、色々解決策を探していたらジムを見つけた。

4回目までは毎回利用時に氏名と電話番号を記入していたのだけど、4回目の帰りにロッカーキーを管理者に返すと登録証をもらえた。次回からはこれを見せるだけで手間なく利用できる。

4回目でもらえるというのが面白いなと思った。初回利用時にまず登録させるようなところも多そうなのに通っているジムは4回目まではゲスト扱いなわけだ。

記入の手間が減るだけでカードがもらえても他に違いはない。たぶん数回利用して来なくなる人が多いからこういう仕組みにしたんだと思う。

逆に言えば、4回通った人はその後も利用し続ける確率が高いわけだ。ということで今回俺はかなりの確率で肉体改造に成功する。

三日坊主なんて言葉もあるように3回くらいは頑張って通う人が多いけど、4回目来るかどうかでこのジムはその後を判定している。

たとえば、ダイエット目的で最初試しに行ってみて、まあモチベーションが強ければもう一度くらいはすぐに行くだろう。3回目あたりでわりと面倒くささを感じて4回目はないといった感じか。

別に続けないことが悪いとか、俺は4回以上通ってるからすげーだろとか、そういう話をしたいわけじゃない。

どちらかと言えば俺は面倒くさがりだし色々なことを続けられずにいる。というか無理に頑張ってまで続ける必要はないとも思っている。面倒くさいことは別の手段を考えたり、面倒くさくない方法を考えたりする方が断然良い。

今回ジムに通えているのは、いうなら偶然だ。

偶然、利用料が安くて器具も9種類くらいそろっていて毎日22時までやっているトレーニングルームが自転車で5分のところにあった。

このどれかが欠けていたら今回も多分三日坊主になっていたと思う。

一回千円の利用料だったら家で腕立てと腹筋するほうがいいと思っただろう。
自転車で15分のところだったら、やはり家で腕立てと腹筋だけすればいいと思っただろう。
器具が数種類しかなければ、それこそ家で腕立てと腹筋だけやればいいと思っただろう。
毎日22時までやっていなければ行ける機会が減って家で腕立てと腹筋だけやればいいと思っただろう。

ジムに通うことは全く億劫ではない。家で着替えてからジムにいって複数の器具で色々な筋肉を鍛えたりスマホをいじりながらバイクで汗を流したり備え付けのウォーターサーバーで水を飲んだり筋肉をいじめてストレス発散したりした後、夜風にあたりながら自宅にもどり家のシャワーで汗を流す。

運動自体は好きだから環境さえ整えば楽に続く。

市のトレーニングルームはだいたいみんな自分の意思(健康とかダイエット目的)できている。自分の意思だけだから面倒だと感じると3回以上は続かない。まあ続かない理由は面倒意外にも、混んでいる時間しか利用できなかったりシャワーがひとつしかなかったり多少器具が使い古されていたりと人によって色々あるとは思う。


三日坊主って、“物事に飽きやすく、長続きしないこと。また、その人。”という意味で、なんだか人の性質のようだけど、俺は三日坊主じゃない人をある意味でほとんど知らない。

周りをみていて自分の意思で始めたことで、まあやってもやらなくてもそんなに生活に支障はない事で「頑張ってる」ことは俺も含めて大体続いていない。いうなら全員三日坊主。

受験勉強にしてもダイエットにしても続けられるかそうでないかは、その人の物事に飽きやすい性質というよりは環境の方が何倍も関係していると思う。

俺は学生のとき当時は地理とか歴史とか古文とかはまるっきり興味がなくて成績もかなり低かった。だけど、教えるのがすごく上手で面白い先生なら伸びていたかもしれないし、大学のときに家庭教師として中学の歴史の教科書を見たときは結構興味を持って読めた。

まあ、何となく書き始めたこの記事だけど要するに、

何かしらの結果を得るには続けることが重要だけど、続けるには「意思」よりも「環境」の方が大事だから、まずは自分が続けられる環境をつくることを頑張れ!ということ。

今回、運動不足解消のために色々解決策を模索したら、利用料が安くて器具も9種類くらいそろっていて毎日22時までやっているトレーニングルームが自転車で5分のところにあることを発見した。この時点で、俺の痩せたいという意思とは関係なく、ベルトで使用する穴が奥にずれていくことがほぼ確定したのだ。

2013年10月14日月曜日

自転車のかごにゴミを捨てられていた…


比較的新しくてキレイな俺の自転車のかごにタバコの空き箱と栄養ドリンクの瓶が捨てられていた。しかも瓶は逆さまで液体が少しかごに付いていた。

目つきが鋭くなる程度の怒りが込み上げ、あたりを見渡すも犯人らしき人物は見つからない。財布とケータイだけを持って出かけていたから拭くものもなく、さらに怒りが増す。

Twitterで迷惑行為をさらして炎上し、退学させられたり損害賠償を請求されたりするのをみていたときは、ちょっとやりすぎではと思っていたけど、自分が被害者になるとそれくらいはまあ妥当かなとも感じてしまった。

おふざけやポイ捨てなどで他人に迷惑かけることに罪悪感を感じない自分勝手なガキどもには大学を卒業してほしくないし損害賠償をしてきっちりと反省して欲しいと強く思った。

さらに怒りが収まらないので、ネットで同志たちの意見を聞こうと検索してみた。やはり同じ被害に遭っている人は多く、目撃情報などもあった。若い男をイメージしていたけど中年のおっさんが多いよう。捨てる理由は、「特に何も考えていない」という意見が多い。

相手の気持ちとか何も考えずに、むしろ道端に捨てるよりも捨てやすい的な…。法的にも不法投棄で注意程度しかお咎めはないようだ。

こういう人って逆に自分がされたときってどうなんだろ? イラっとしながら隣の自転車とかに入れてさらに自分もやらなきゃ損っ、的な考えだろうか…。なんだか悲しいな…。少し時間が経って落ち着いてきた。ここでネット上で見つけたいい話を載せておく。
夜遅くまで予備校で勉強していた私と友人A君。
地元の駅に着いたら、A君の自転車かごにはビニール袋に入ったごみが入れられていました。
袋には、カンやらコンビニ弁当などがゴチャゴチャと。
それを見て私はA君に「うわぁー、最悪やね。駅のゴミ箱にでも捨てとけやぁ?」
 と言うとA君は 「いや。カンも入ってるから、家で分別して捨てとくは」と一言。
その時はなんか自分が情けなく感じるほど、A君がまぶしく見えました。
A君かっこよすぎw。 こんなにかっこいい対処方法は他にないので、僕も次からこんな感じでいきたいと思います。たとえ独りのときでも本番に備えてこれでいきます。最後に面白いまとめがあったので載せておきます!

みんな自転車のカゴにおかしなもの捨てられすぎwww

さてと、汚れたかごを拭くついでに自転車全体をキレイにしてくるかな。